アイキララとキラリエ アイクリーム3、選ぶならどっち?

アイキララとキラリエ アイクリーム3を比較

目の下のたるみやクマへの対策としてアイクリームを利用している方は多数おられます。
ただ、アイクリームは高価なものも多く、なかには1万円以上のものも。

 

そんな数多くあるアイクリームのなかでも手頃な価格で口コミ人気が高いのがアイキララとキラリエ アイクリーム3の二つです。
アイキララとキラリエのどちらを購入するかで迷われている方もおられるのではないでしょうか。

 

ここではアイキララとキラリエの特徴を比較してみたいと思います。

 

アイキララの特徴

アイキララは目の下のたるみやクマができる原因となる、加齢による目元の皮膚痩せ対策に狙いを絞った商品となっています。

 

年齢を重ねることによって体内のコラーゲンは減少し、また新たに作り出される量も減っていきます。
コラーゲンが減少すると、肌のハリやふっくら感が失われて皮膚が痩せ、その結果、目の下のたるみやクマが発生することになってしまいます。

 

アイキララには体内でコラーゲンの生成を促進させるビタミンC誘導体のMGAという成分が配合されており、この成分の働きによって肌のハリやふっくら感を取り戻し、目の下のたるみやクマを改善することができるのです。

 

アイキララの値段ですが、通常価格は2,980円、公式サイトのいつでも解約できるお試し定期コースを利用すれば2,682円となります。
そして、効果を実感できなかった場合、アイキララは25日以内に申請すれば全額返金保証サービスを利用することができます。

 

キラリエ アイクリーム3の特徴

キラリエ アイクリーム3は、しわやたるみの改善やお肌のハリやツヤをアップさせる効果が期待できるといわれているレチノールが豊富に配合されていることが大きな特徴です。
そのほかヒアルロン酸やコラーゲンを体内で生成する効果があるといわれる水溶性プロテオグリカン、はれぼったい目やクマの対策としてトリネコ樹皮エキス、有機ケイ素、ビタミンBなどが配合されています。

 

キラリエ アイクリーム3の値段は1,980円となっています。
効果に満足できない場合、キラリエには100日間の全額返金保証サービスがあります。

 

何を重視するかで選びたい

アイキララとキラリエ アイクリーム3、どちらを選ぶかについては、目の下のたるみやクマを優先して対策したいという場合はアイキララ、少しでもお得にアイクリームを使いたいという場合はキラリエを選べばよいのではないでしょうか。

 

ただレチノールは人によってはお肌が乾燥する、赤くなる、痒みを感じるなどの症状が発生することもあります。
レチノール配合のコスメを使って以前に同じような症状が現れたことがあるという方は、キラリエを選ぶ場合は注意した方がいいかもしれませんね。

 

 

アイキララの目の下のたるみへの効果をチェックしてみる