自己破産とギャンブル

多重債務車の中でギャンブルをしてしまったという方はそれなりに、特にパチンコが日常的なギャンブルのせいでしょうかとてもパチンコで浪費してしまったと言う方が相談に来られるようです。
こういった場合に法律上は社交行為、浪費行為による借金と言うのは免責許可事由に当たるというのが原則です。
そのためギャンブルによってたくさん借金ができたという場合には基本的には発散できたとしてもその後免責といいまして借金を返さなくていい、といった手続きを認定の中ででないと言うことになります。

しかしギャンブルといえども借金をたくさんして一生払い続けると言うことになりますと非常に酷でありますし生活が成り立ちません。

そこで法律は裁量免責というのを認めております。

これは裁判所の裁量によって場合によっては免責となることがあり得る借金から助けてあげてもいいということです。

それではギャンブルの場合にはどういった場合の裁量免責同意書が認められるのでしょうか?

通常は破産管財事件と言う破産管財人と言う弁護士が選任されて、この弁護士が債務者がもうギャンブルをしないかどうか本当に反省してるかどうか、生活の最近ができているかどうかといったことを調査して裁判所に報告することによって面積すると言う扱いがされております。

破産管財人を選任するには約20万円を裁判所に予納をするということになっております、

ですから裁判所に20万円を読むをして破産管財人を選任してもらう手続きの中で裁量免責というのがされる可能性が十分にあるということです。

最もこの場合にも借金の額が例えば一鮮満円近いとかといったような場合に、果たして面積になるかどうかといったことは裁判所あるいは破産管財人の判断ということになりますので必ずしも絶対的に面積がされると言うことではないと言う事は頭に置いておく必要があります。

夫の借金解決

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

最近のブログ記事

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.28-ja